メニューを開く
LIFE IN GERMANY
ドイツ生活情報 / ドイツ全体 / PICKUP

ダルムシュタット・ヘッセン州立博物館

住所
Hessisches Landesmuseum Darmstadt
Friedensplatz 1
64283 Darmstadt
開館時間
火、木、金:10:00~18:00
水:10:00~20:00
土、日、祝日:11:00~17:00
料金
6€/大人 (割引あり: 4Euro)
18才以下は無料
Onlineチケット
Online Ticket
URL
https://www.hlmd.de/

味わい深い博物館の建物

ダルムシュタット・ヘッセン州立博物館の収蔵品は、ヘッセン=ダルムシュタット方伯/大公家のコレクションを中心に、動物のはく製など自然分野のもの、絵画や彫刻など美術品、先史から近代までの文化的遺物と多岐にわたっていて、1日では見尽くせないほど。そしてその収蔵品の器である、建物もなかなか味わい深いのです。

絵画以外の収蔵品が展示されているメインの建物は、ダルムシュタットにおけるユーゲントシュティール運動のパトロンであり、高い審美眼の持ち主であったエアンスト・ルートヴィヒ大公が、当時ベルリンで活躍していた建築家アルフレッド・メッセルに設計を依頼、1906年に完成しました。

ダルムシュタット生まれのメッセルはその後、かの有名なペルガモン博物館の設計に携わりましたが、その完成を待たずに1909年、ベルリンで没しました。

ダルムシュタット-ヘッセン州立博物館
ヘッセン州立博物館
博物館正面の巨大なヘッセン大公の紋章
巨大なヘッセン大公の紋章

建物正面の三角破風を飾るのはヘッセン大公の巨大な紋章。入り口両脇に彫られた獅子の視線を感じつつドアを開けると、そこに大きなホールが現れます。古代ローマ様式の円柱が左右にそびえる奥に広がるのは、白い左右対称の空間。上部の大きなアーチ型の窓から入る自然光によって白さを際立たせている天井と壁。そして徹底したシンメトリーで配置された、天井装飾、窓、階段、花瓶、さらにはトイレのドア。「ヨーロッパの美意識」をドーンと突き付けてくるような、明るいながら迫力のある空間です。

ヘッセン州立博物館エントランスホール
博物館のエントランス
中世を味わえる博物館の中庭.
中世を味わえる博物館の中庭

エントランスホールの他にも、甲冑の展示室はお城の広間風の内装、キリスト教関連の品々の展示室はゴシック教会風の内装だったり、歩き疲れて休憩に立ち寄ったカフェでは、噴水がある中世の城の中庭にいる気分が味わえたり。見せる工夫たくさん、見どころたくさんの博物館です。

文:ハイナー

PICKUP