メニューを開く
LIFE IN GERMANY
ドイツ生活情報

ドイツは欧州最大の経済大国として、政治、科学技術、そして文化において大きな存在感を放つ、その名の通りヨーロッパの中心です。どこの街にも旧市街があり、歴史を感じる旧市庁舎と石畳が敷き詰められた広場では、新鮮な花やチーズ、野菜が売られています。旧市街の散策通りには、宮崎駿のアニメに出てくるようなお店がズラリと並び見ているだけでも幸せな気持ちなります。また至る所に大聖堂やお城があるのもドイツならではです。
これからドイツで研究留学する方や赴任する方が事前にドイツについて分かるように、実際のドイツについて説明します。

ドイツ人はどんな人?

まずはドイツ人についてです。ドイツ人は、子供と犬に優しく、家族との時間を最優先にしている人が多いです。お肉屋さんやパン屋さんでは子供にハムをくれたり、レストランでは隣の席の人がワンちゃんにパンをくれたり。また、働くことが一番!という人はあまりいません。休日、夏休み、冬休み、その他休暇をしっかりとり、2週間ぐらいの家族旅行に頻繁に行きます。

ルールに忠実で時間厳守

ドイツ人は、とてもルールに忠実です。大きなフロアマットを購入した際、設置してくれたドイツ人が靴を履いていたので脱いでほしいと伝えたところ、「安全確保のため靴は履いていることがルールです、だから絶対に脱げない」、とそのまま家の中を靴でうろうろしていました。ルールなのか面倒なのか分かりませんが、ルールは絶対です。

こんな話があります。船にドイツ人・日本人が乗っています。船から海に飛ぶか話しています。

  • 日本人は、誰かが飛びこんだら飛びこむ
  • ドイツ人は、それがルールなら飛び込む

国民性を表している表現だなと思います。

また、時間にきっちりしているので、約束の時間ピッタリに来ます。遅くもなく早くもなく、ピッタリの人が多いです。ドイツ人にお昼の12時に家に来てね、と伝えると、12時ピッタリにピンポンが鳴ります。ドイツ人と約束するときは時間厳守ですよ。

親切

親切な人が多いです。バスや電車でバギーや車いすの方がいると、必ず誰かが手伝ってくれます。日本人は、相手の反応を先に考えて、もしこれを言ったら嫌がるかな、迷惑かな、と思い手伝わずに終わってしまうことが多々あると思いますが、ドイツ人は道やバスで困っている人がいれば助けます。すごいですね。

また、初めからフレンドリーな人は珍しく、壁がある人が多いです。ただ、一度仲良くなるとグッと近くなります。みんなでバーベキューをしたり、家に招待すると壁がなくなります。子供が小さいうちはお互いの家で親も一緒に滞在するので、その際に壁がなくなることが多いですね。ドイツ人と仲良くなりたい場合は家に招待すると良いですよ。仲良くなるととても親切にしてくれます。

家族と物を大切にする

日本人はあまり帰省することがありませんが、車で2時間かかっても毎月帰省する人もいます。電話は頻繁にかけており、いつでも連絡を取り合い、とても親を大事にする人が多いです。また、クリスマスや年末は家族と過ごします。特にクリスマスは大事なイベントなので、12月に入ると家族全員で飾り付けを始めて、当日は沢山の食べ物を作って家族全員で過ごします。日本のお正月と同じですね。夏休みは短くても2週間、長い人で1ヵ月と休暇が長いので、ほとんどの人が家族で2週間ぐらいの旅行に行きます。

物もとても大切にするので、簡単に捨てません。扇風機が壊れたら自分で直したり、曾祖母から受け継いだテーブルを使っていたり、おばあちゃんが遊んでいたお人形で遊んでいたり。日本人(特に私は)はさっさと捨てて新しいものを買う、となりますが真逆です。見習うべきことがありますね。

女性

よくドイツ人女性は強いと言いますが、確かに意思が強く、意見をハッキリ言います。ほとんどの女性は子育て中も働いており、専業主婦はほとんどいません。働くことが当たり前なので、「あなたの職業は何?私はxxx」と聞かれます。

活字とおしゃべりが好き

本が好きな人が多いのですが、取り扱い説明書もじっくり読みます。ドイツ人は、まずは説明書を読んでそのやり方を実行します。私は説明書をほとんど読んだことがなかったので驚きました。週刊誌と数独は、本屋さんにはズラリと並んでします。数独の数はなかなかのものです。

おしゃべりが好きな人が多いので、ドイツ語が苦手なときは、少し質問をして後は聞いている、というスタイルが良いです。おしゃべり好きなだけあってみんな楽しいですよ。

日本食好き

ドイツでも日本食=お寿司なのですが、ラーメン、餃子、カレーも人気があります。日本人が多く住むデュッセルドルフには2件有名なラーメン店があり、1件は連日ドイツ人で大賑わいです(もう1件は日本人に大人気です)。日本食に馴染みのないドイツ人に、ラーメン・餃子・カレーを出すと、初めは箸の進みが遅いですが、そのうちパクパク食べてくれます。それがきっかけで自分で日本のカレー粉を買って作っている人もいます。家に招待したときはその3つを出すと外れないですよ。

生活スタイル

ドイツはとにかく朝が早いです。パン屋さんは6時、スーパーは7時に開店です。というのも、一般企業は7時~8時が始業なので(早い人は6時台から)、パン屋さんやスーパーで朝食を買ったり食べたりして出勤する人が多いです。

出勤時間に合わせて幼稚園も7時半から始まり、出勤途中に幼稚園に送ることが可能です。また、終業時間も早く18時には多くの人が帰宅し家族全員で夕食を囲みます。子供達の就寝時間は、日本では幼児で19時~20時ですが、ドイツ人は17時半~18時です。早いですね。

夏は日が長く22時ごろまで明るいので、17時頃から外に出てレストランやアイス屋さん、公園に行きます。子供達は噴水で水遊びをしたり、パンやアイスを食べたり、大人はテラス席でワインを飲んだり。それぞれが楽しくゆっくりとした時間を過ごします。ドイツの夏は最高です。暑くなく、明るく、心地良い風が吹いて、虫もいない。日本では味わえませんね。

食事

朝と夜は冷たい食べ物、お昼は暖かい食べ物を食べます。朝と夜は、パン・チーズ・ハム・サラダ・フルーツなど、簡単に食べれるものです。お昼は火を通したもの、スパゲッティやハンバーグ、シュニッツェル(とんかつ)などを食べます。主食はパンかジャガイモで、お米も食べます。夕飯のパンを購入するために、夕方はパン屋さんが混んでいます。

バーベキュー

バーベキューが好きなので、頻繁にやっています。日本とは違い、みんながやるのでご近所さんを気にすることなく庭でバーベキューができます。家族だけでなく、友人を招待してやることも多々あります。バーベキューに招待された場合は、日本の食べ物を持っていくと良いですよ。幼稚園や学校でも、クラスで親子参加のバーベキューパーティがあるところもあります。その場合は、お肉の他、各自が1品ずつ持ち寄ります。

働き方

朝は8時までに始業で、夕方は17時までには終了している企業が多いです。残業はもちろんなく、短い時間で集中してやる人が多いです。時間にきっちりしているので、終了になったら残作業があっても終わります。休日は働きません。

とは言え実際には家に持ち帰っている場合があります。教師は事前準備は家でやっている人が多いですね。

休暇

ドイツ人は長期休暇をしっかり取得します。夏休みは2週間~4週間が一般的で、2週間しか取得できない場合は、今年は残念ながら2週間しかなくてしっかり休めない、とぼやく人もちらほら。日本人からすると2週間は長いのですが、家族との時間を大切にするドイツ人には、2週間ではリフレッシュできないのですね。

家族との時間

とにかく家族との時間を大切にしています。土日にパパだけゴルフに行ったり飲みに行ったりなどはあまり聞いたことがありません。食事は家族全員で取り、休日は家族で過ごし、幼稚園や学校の行事は全員で参加する。と物事の考え方が家族単位ですね。

ドクターは特別

ドイツでドクターを持っていると一目置かれます。至る所で、ドクター取得者か否かを聞かれ、家のネームプレートにDr.xxxと書いている人もいます。駅の駐車場を予約する際にも、ドクター取得者かどうかを選択する欄がありますし、幼稚園の申込みサイトでも、ドクター取得者かの入力欄があります。

高速道路

無料です!6割の道路では制限速度は設けていませんが、制限速度がある場所でスピード違反をすると、後日請求書と共に証拠の運転中の写真が送付されます。その写真、いつ・どこで撮られたのか全く気が付かないんです。なのでニッコリ笑っている場合もあり、それと一緒に罰金が記載されているので何とも言えない気持ちになります。ドイツのシステムはすごいですね。罰金は必ず払ってください、支払いが滞るととても厳しいです。

電車・バス

電車は時間通りにはきません。たまに到着時間ピッタリにくることもありますが、大抵は遅れます。30分~1時間遅れは考慮しておくといいです。切符は事前に買うと割引があるのでお得です。こちらから購入できます。

バスはほぼ時間通りに来ます。年間パスや学生割引などがあるのでご確認下さい。

配達

Amazonは即日配達は即日は来ませんが早めに来ます。日本の様に不在時のロッカーがあるわけではないので、必ず家に届けてくれるわけではありません。不在の場合はご近所さんに荷物を渡して帰ります。不在票がポストに入っているわけではなく、ご近所さんがピンポンとお届けしてくれます。逆もしかりで、ご近所さんの荷物を預かることもあります。もし、ご近所さんが不在の場合は、近所の企業に置いていくこともあります。その場合はかなり困ります。どこに荷物があるのか、そもそも荷物が来ているのかもわからず。探すしかないです。

買い物

スーパー

大きなカートにボンボン入れていくのですが、カートは初めにコインを入れます。子供用のカートは無料です。野菜や果物はグラム売りなので、表示価格にはお気を付け下さい。ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎは激安です。箱入りのアイスはとても甘いです。目が覚めます。

日本人にとって難関なのは、レジです。IKEAの様に、商品をベルトコンベアーに乗せていき、レジのお姉さんがピっとした商品をどんどんエコバッグに入れます。これが焦るのです。全部の商品のレジは終わってるし、後ろにお客さん並んでるし、でも簡単にバッグに入れられないし、早くしないと!とかなり焦ります。でも、気にしないで大丈夫です。みんな同じですし、レジのお姉さんとお客さんでおしゃべりが始まる場合もあるので、たいして周りは気にしていません。

精肉店

ほとんどの精肉店では薄切り肉はありません。もし希望するなら、薄切り肉にして欲しい旨を伝えるといいですが、日本の薄切り肉にはなりません。デュッセルドルフには日本人がおおいので薄切り肉を提供している精肉店がありますが高額です。アーヘンにある精肉店ではかなり良心的な値段で買うことができます。ただ1kg以上からの購入になり、電話で予約が必要です。

子供には必ずハムをくれるので、子供達はスーパーでお肉屋さんに行くことを楽しみにしています。精肉店にはチーズ売り場もあるので、たまにハムではなくチーズをくれる人もいます。子供には嬉しい場所ですね。

パン屋

日本と異なり、ウィンドウの中にパンが並んでおり自分でトレーを持って取るのではなく、店員さんに注文して購入します。夏場はハチが甘いパンの上を飛んでいますが、店員さんが払うわけでも、お客さんが嫌がるわけでもありません。慣れます。

パンの国だけあってどのパンも美味しいです。日本のようにフワフワではなく、ドッシリしています。色々な種類のパンがあるのですが、酸味の効いた食パンは日本では食べたことがなかったです。

子供には小さな丸いパンをくれます。ワンちゃん連れの場合は、ワンちゃんにもくれます。

ケーキ屋さん

全てのケーキがビックリするぐらい甘いです。ドイツ人に人気のお米で作ったケーキは、私にはちょっと難しいです。お米と砂糖を混ぜることに違和感があるのですが、子供は好きです。ぜひ見つけたら食べてみてください。

生活情報一覧

  • 病院
  • 習い事
  • 公園
  • おすすめ
  • 買い物
  • レストラン
  • 文化・歴史
  • 役所
  • その他

とってもおすすめデュッセルドルフの中川産婦人科

地区
デュッセルドルフ・オーバーカッセル
住所
Joachimstr. 3, 40545 Düsseldorf
Oberkassel
電話
0211-553-057
診療時間
月、木 、金 09:00 - 13:00
先生
日本人女性
URL
https://www.sanfujinka-nakagawa.net/
予約
電話(日本語)
保険
公的保険、プライベート保険

デュッセルドルフのオーバーカッセルの一角にある大変おすすめの産婦人科です。先生もスタッフもとても優しく、久しぶりの日本語なのでホッと一息つける医院です。アーヘンはもちろんのこと、デュッセルドルフ以外からも多くの日本人の方が通っています。

一覧を見る

記事がありません

記事がありません

記事がありません

記事がありません

記事がありません

記事がありません

記事がありません

記事がありません