メニューを開く
LIFE IN GERMANY
ドイツ生活情報 / ドイツ全体 / PICKUP

アーヘンの幼稚園の申込み~入園まで

ドイツは小学校から大学までドイツ人なら無料で通えます。外国人も小学校から高校までは無料、大学は少額を支払う必要がありますがとても安く通うことができます。ですが、幼稚園は義務ではないので、年収によって金額が変わります。詳しい内容については「ドイツの幼稚園」をお読み下さい。

アーヘンの幼稚園

アーヘンには、私立(2園)・公立(たくさん)の幼稚園があり、公立には、市が運営している幼稚園、教会が運営している幼稚園、アーヘン工科大学の学生専用の幼稚園、FHの学生専用の幼稚園があります。幼稚園の検索&申込みは、アーヘンの幼稚園申込み専用ポータルサイト:Little Bird、を利用します。アーヘン工科大学専用の幼稚園は、大学の事務を通しても紹介してもらえますので、もしLittle Birdから予約してもなかなか席をもらえない場合は、RWTHを通して申込むと良いです。こちらは渡独後に申込みが可能ですので、日本から先に申込むのであればLittle Birdを利用してください。また、アーヘン工科大学からの斡旋ですと、時期によっては場所を選べない可能性があります。
私立の幼稚園はとても手圧いのですが、その分お値段も高いのでおすすめはしません。もし企業から留学や駐在で来るのであれば、幼稚園費用も払ってくれる企業もありますので、その場合はすぐに入園できる私立もおすすめです。

6才になる年の8月から小学校に入学するのですが、その前年の5才は無料で幼稚園に通うことができます。また、年長さんは受け入れ優先順位が1番なので十分な期間内に申し込めば受け入れ先を簡単に見つけることができます。
十分な期間とは、8月からの入園を考える場合、前年の1月までの申込みになります。

例1:2019年5月生まれで2023年12月現在4才、2024年8月から5才で入園予定
申込み期間が十分あるので行きたい幼稚園から高い確率で席をもらえます。

例2:2019年5月生まれで2024年2月現在4才、2024年8月から5才で入園予定
申込み期間が喫緊なので行きたい幼稚園はすでに満席になっている可能性が高いです。

例3:2020年5月生まれで2024年12月現在3才、2024年8月から4才で入園予定
2024年8月時点で4才なので優先順位が低いため、行きたい幼稚園から席をもらえる確率は低いです。

3才や4才から通わせたい方もいるので、とにかく早めに申込むことが大切です。Little Birdを利用しても席が確保できない場合は市を通して探してもらうこともできるのですが、こちらはかなりハードルが高いです。正直なところ、Little Birdでもかなり大変ですので、5才入園でない場合はサポート会社に依頼することをおすすめします。

幼稚園申込みサイト:Little Bird

幼稚園の検索&申込みは、アーヘンの幼稚園申込み専用ポータルサイト:Little Bird、を利用します。全てドイツ語なので少々ハードルが高いのですが、幼稚園は必ずこちらのサイトを通して申込む必要があります。
まずは、アカウントとパスワードを作成してください(Kita PortalからLittle Birdに変わりましたが、Kita Portalからでも申込みは可能です)。

アカウントを作成したら、下記3つを入れて検索をポチっとすれば近場の幼稚園がでてきます。後は画面通りに入力して下さい。とはいえ、これがドイツ語なので難しいです。

  • お子様の生年月日
  • 入園希望日
  • 郵便番号

入園希望日は、基本的には「8月1日」からを入力します。渡独日が8月までかなり時間がある場合、もしくはすぐに入園希望の方は「sofort」を選択すればすぐに入園したい旨が幼稚園に送られます。

一昔前は海外移住者は申し込むことができず、アーヘン在住者または国内移住者のみを対象としていたのですが、今は海外移住者も申込みが可能となっています。ただ、ドイツの住所が決まらないと近場の幼稚園がわからないので、結局はドイツの住所が決まってから、つまり引越しが確定もしくは引っ越し後の幼稚園申込みになるかと思います。もちろん、海外から申込みをすることは可能なので、もし車で送迎を検討しているのであれば、アーヘンの住所が確定する前に決めても良いかと思います。車を利用しないなら徒歩圏で通える幼稚園をおすすめします。

幼稚園からの連絡

幼稚園に空きがある場合

申込みをした幼稚園に空きがある場合、登録したメール宛に「Vormerkungseingang:見学会のお知らせ」がきます。全部ドイツ語なので読むのが大変なのですが、このメールに書かれている内容に沿って、次のアクションに移ります。「見学会の予約の電話をください」と書かれているのであれば、すぐに電話をして予約を取ります。メールで連絡しても「電話してね」と言われますので電話してください。英語が話せない方が電話口に出た場合、切られてしまうこともありますが、ドイツではよくあることなのでお気になさらずに。その場合はサポート会社に頼ると良いと思います。5才は「Vormerkungseingang」をもらう確率がかなり高いのですが、4才以下はほぼお断りのメールが来ます。とても激戦なので、もし「Vormerkungseingang」が届きましたら、絶対に逃さないようにお気を付け下さい。以前、ドイツ語が分からず、「Vormerkungseingang」メールに気付かずに席を逃した方がいました。もったいない。

幼稚園に空きがない場合

空きがない場合は、登録したメール宛に「Ablehnung Ihrer Vormerkung:申込みのお断り」がきます。残念ですが、これ以上は何をしても無駄なのでこの幼稚園は諦めましょう。

見学会

参加者

Little Bird上で「養育者は父・母の両方」と選択をした場合、どちらも見学会に参加する必要がありますので、お父さま、お母さま、お子様、で参加します。ご両親のどちらかが参加できない場合はその旨を事前に連絡してください。

当日の流れ

園の案内、1日の流れ、朝食・昼食・スナックの説明、入園までに必要な物の説明、入園希望の意思確認、などが主になり、1時間ほどで終了します。見学会に参加しても必ず席を確保できるわけではないので、その場で幼稚園に入園したい気持ちをアピールしてください。両親が忙しいと入園できる確率があがります。例えば、夫:アーヘン工科大学で毎日朝から夕方まで研究、妻:毎日語学学校、よって子供の面倒を見る人がいない、などです。
人気のある幼稚園ですと合同見学会となり、見学会に参加した人達の中でさらに席の争奪戦になります。見学会の言語はドイツ語ですが、予約時に「見学会は英語を希望」と言えば、英語を話せる先生が担当してくれるかもしれません。

ドイツ語の予防接種表と健康診断結果

英訳済み予防接種表からドイツ語に転記

日本で「英訳済みの予防接種表」を準備します。かかりつけの小児科で英訳をしてもらえる場合もありますし、予防接種の英訳を専門で扱っている企業もあります。ドイツに到着しましたら、小児科で「英訳済みの予防接種表」を「ドイツ語に転記」してもらいます。その際、足りない予防接種を指摘されますので、その手続きもしてください。予防接種は必須なので重要です!
転記の料金は、無料~3000円ほどになり、保険に加入していることが必須です。無保険の場合は、ほぼどの小児科も受け入れてくれません。
小児科についてはこちらのサイトをお読みください。

健康診断結果

ドイツでは、各年齢ごとに必須の健康診断があり、その健康診断結果が入園時に必要になります。予防接種の転記をしてもらう際に、一緒に健康診断の予約も入れるといいです。予約がいっぱいの場合は、健康診断結果のみ入園後の提出でも問題ないか幼稚園に確認して下さい。

入園

ドイツでは、入園式はなく各園児で入園日が異なります。新学期の開始は8月ですが、園によっては、今年は入園者が多いので数名は7月から入園となることもあります。基本的には8月開始で1週間毎に1~2名ずつの園児が入園します(8月入園以外も同じです)。例えば、A君は8月1日に入園、Bちゃんは8月8日に入園・・・とみんな入園日をずらして、先生が新園児にしっかりと付いて慣らしていきます。初日は2時間、2日目は3時間、3日は午前中いっぱい、と徐々に時間を延ばしていきます。ママ / パパは隣の部屋で待機していることもできますし、園によっては帰ってくださいといわれるところもあります。たいていの幼稚園は、1週間ぐらい隣の部屋で待機になりますので、その間は何も予定は入れないほうがいいです。最初は、ママー!ママー!と大泣きなので隣の部屋で泣き声が聞こえるのですが、2週間もすると言葉は違えど楽しく遊んでいます。

まとめ

幼稚園は申込みの時点から日本とはかなり異なるのであたふたしますね。特に申込みをドイツ語でやらなければいけないので、その時点でかなりハードルが高いです。また、申込みはしたけどなかなか幼稚園から返信が来ないことが当たり前なので、その場合の対応策が難しいところです。市の担当部署に相談することがいいのですが、ドイツ語なのでこの部署にたどり着くまでも一苦労、、、5歳児の入園なら幼稚園を自力で見つけることも可能かと思いますが、4歳児以下の入園はサポート会社に依頼することをおすすめします。
ドイツへ出発する前に、必ず「予防接種の英訳」をご用意くださいね。忘れると大変です。
幼稚園は、子供にとっては初めての集団生活の場です。かつドイツという言葉も文化も違う場所で子供にとっては緊張の日々が続くはずです。特に初日はハラハラドキドキですよね。なので、初日からしっかり先生が慣れるまで見守ってくれるのはとてもありがたいです。アーヘンの幼稚園はどこも悪い噂を聞いたことがないので、安心して通わせられると思います。非常に見つけることは難しいですが頑張ってトライしてみてください。

ドイツでアパートを借りたい、幼稚園を見つけたい、滞在許可証申請や銀行口座開設など研究留学のサポートをして欲しい、など弊社では経験豊富なスタッフが、アーヘン、ダルムシュタットへ研究留学 / 赴任する方のリロケーションサポートをしています。留学準備はぜひプロにお任せください。お問合せはこちら

PICKUP